キャッシング 即日 銀行

銀行カードローンから即日融資でお金を借りれるのか?

銀行カードローンは、2018年から個人向けの即日融資が国の指導により停止されます。所謂、銀行のカードローン業務の縮小化にする方向ですね。

 

今後は、警察庁のデータベースに個人情報の照会をかけて審査に日数を要する事になります。

 

「何で警察庁?」

 

何故か警察庁と聞くとビビりますが、銀行のカードローンに申し込みした場合、警察庁で色々と調べられる事になるんです。

 

どうして銀行のカードローンは警察庁のデーターベースに照会かけられるのかと言いますと、暴力団員や反社会的勢力を徹底的に排除する目的らしいです。と言う事は、今まで銀行が暴力団員や反社会的勢力などの素性を知らずにカードローン契約をしていたという事なのでしょう。

 

これまで、マイナス金利の劣悪な状況の中で銀行はカードローンなどで利益をあげていたんです。ただ、銀行のカードローンからキャッシングを利用している方に極めて自己破産者が多く国も規制に乗り出しています。13年ぶりに自己破産者が急増して、銀行カードローンが理由と国は考えているからなんでしょうね。

 

どうして、銀行カードローンで破産者が続出なのか?通常、消費者金融全体で年収の3分の1以下しかお金を貸してくれません。ですのでそれ以上キャッシングしたければ、銀行のカードローンしかないわけです。これまでの銀行の特権であった総量規制対象外という枠で銀行は今まで年収の3分の1以上で借入する事ができたんです。あくまで借入総額ですが。

 

これからは、銀行のカードローンから即日融資や年収の3分の1以上キャッシングするのが難しくなりますし、審査に日数がかかりますね。

銀行のカードローンの安心感

 

そもそも、銀行のカードローンは安心感がありますよね?

 

そこが、自己破産への道になるので「自分は借金してるから出来るだけ早く返済しよう」という意識が薄くなってしますんです。その問題を自分で解決できれば銀行カードローンを利用してもいいかもですね。

 

自分で自己管理ができるか?もしも出来ないなら消費者金融がおすすめです。

 

プロミス
プロミスは借入まで最短1時間!お金を借りる時に、ウェブ明細とメールアドレスを登録するだけで30日間無利息サービスを受けられるので人気が高いです。

 

>>公式プロミスを確認する

実質年率 審査 借入限度額

年4.5%〜17.8%

最短30分

最高500万