キャッシングできない!自動車担保ローンは危険

車を担保にお金を借りる

車

個人の方で車を手放す事なくお金を借りる場合(自動車担保ローン)、法外な手数料などが取られる事が多いようです。お金を借りれる金額は買取価格の半分くらいで担保がある割に金利は安くありません。名義変更をしてから借入してくれる業者がありますが、名義変更の手数料もまた取られる様です。

 

また、返済が滞ったら車はすぐに差し押さえられてしまう事も念頭においておきましょう。ですので、自動車担保ローンはかなりリスクが高いと言えますね。

 

もしも車が社用で高額なら銀行で車を担保に融資をしているところがあります。ただこちらの場合、個人の車には融資はしていません。会社で資金繰りがキツイなら手っ取り早く資金を調達できるでしょう。

 

車に乗ったままでお金を借りたい気持ちはわかりますが車の名義は融資先の名義に書き換えられます。金利や高い手数料がかかるのと万が一、事故をおこして車をキズつけた場合は面倒な事になります。

 

自動車担保ローンは合法ですが、違法性が極めて高い業者です。返済の領収証すら発行してくれないとこもあるくらいです。

 

この際、車は売って軽などの安い中古車に乗り換えるという選択肢もあります。

 

車を売却する場合、買取業者との交渉次第で即日に現金を手にする事ができます。直接に持ち込みか無料で出張査定をしてくれます。もう車を手放して良いなら査定を受けてみては如何でしょうか?

 

 

キャッシング即日のまとめ_TOP